❹人気です‼
【経営者/管理職/リーダー向け】

小手先の対策ではない
ハラスメント対策セミナー
社員の帰属意識も高まる
ハラスメントを生まない
健康的な職場風土の育み方
(部下への接し方を含む)

❹人気です‼
経営者/管理職
リーダー向け

ハラスメント
対策セミナー
社員の帰属意識も高まる
健康的な職場風土の育み方
(部下への接し方を含む)

ご提案

タイトル
小手先の対策ではない
ハラスメント対策セミナー
ポイント
ハラスメントへの正しい認識
ハラスメントを生まない健康的な職場風土の育み方
社員の帰属意識を高め方
部下への接し方
対象
経営者/管理職/リーダー
研修時間
2時間/3時間/4時間
主幹講師【古川智子】より
人財確保がどんどん難しくなる中で、この上なく重要となる「上司としてのおもてなし力」がテーマです。 そのためには、上司は尊敬される人となるために「おもてなし力」を高めなればなりません。

「おもてなし力」 とは「思いやり」であり、相手本位になれることです。組織や集団でみれば「弱い人の目線になれるか」 です。当研修ではこれをゴールとして行って参ります。

ご要望に応じさせていただきカスタマイズも承りますので、何なりとお申し付けくださいませ。

<研修のポイント>

①小手先の対策ではないハラスメントを生まない “おもてなしの心”が育まれる風土作りが学べます

②パワハラ・セクハラ理解度チェック(これはNG、これはOK)

③ハラスメントと言われてしまう理由は 「自分が好感を持たれていないから」この衝撃的なことを理解しいただけます

④好感を持たれる人と好感を持たれない人の違いを自分に当てはめて考えていただきます

⑤パワハラ・セクハラを生まない職場風土を作るために自分がどのようなことをすればいいのか良く分かります

⑥尊敬される上司であるための「おもてなし力」を 実際に出来ることから発揮する方法が学べます

【カリキュラムのイメージ】

1)研修とはどのような機会か

2)自分の会社の理念と指針を
  今一度認識する
 ⇒大前提は企業は営利活動の
  ための組織団体
 ⇒職場はそのためのチーム
 ⇒上司(先輩)の役割
  部下(後輩)の役割

3)本日、自分は何を得るのか
 (自分自身の目的)
 頭で分かっていることを、
 実際に行動に移せないこと
 ・出来ていること
  ⇒ どうして出来るのか
 ・出来ていないこと
  ⇒ どうして出来ないのか

4)ハラスメント対策について
 ①相手本位の「おもてなし」
  弱い人の目線になる
 ②ハラスメント理解度チェック
 ③ハラスメント事例検証
  相手本位になる
  気づきトレーニング
  上司から部下の心が離れる時
  言うは易く行うは難し

5)尊敬される人として
 「一流人」チェック
 「おもてなし力」を高める
 
◎特許庁登録「おもてなしエキスパート」認定証の発行 ※一般社団法人日本おもてなし推進協議会から発行します

 


 

 

ご提案

タイトル
小手先の対策ではない
ハラスメント対策セミナー
ポイント
ハラスメントへの正しい認識
ハラスメントを生まない健康的な職場風土の育み方
社員の帰属意識を高め方
部下への接し方
対象
経営者/管理職/リーダー向け
研修時間
2時間/3時間/4時間
主幹講師【古川智子】より
人財確保がどんどん難しくなる中で、この上なく重要となる「上司としてのおもてなし力」がテーマです。 そのためには、上司は尊敬される人となるために「おもてなし力」を高めなればなりません。

「おもてなし力」 とは「思いやり」であり、相手本位になれることです。組織や集団でみれば「弱い人の目線になれるか」 です。当研修ではこれをゴールとして行って参ります。

ご要望に応じさせていただきカスタマイズも承りますので、何なりとお申し付けくださいませ。

<研修のポイント>

①小手先の対策ではないハラスメントを生まない “おもてなしの心”が育まれる風土作りが学べます

②パワハラ・セクハラ理解度チェック(これはNG、これはOK)

③ハラスメントと言われてしまう理由は 「自分が好感を持たれていないから」この衝撃的なことを理解しいただけます

④好感を持たれる人と好感を持たれない人の違いを自分に当てはめて考えていただきます

⑤パワハラ・セクハラを生まない職場風土を作るために自分がどのようなことをすればいいのか良く分かります

⑥尊敬される上司であるための「おもてなし力」を 実際に出来ることから発揮する方法が学べます

【カリキュラムのイメージ】

1)研修とはどのような機会か

2)自分の会社の理念と指針を今一度認識する
  ⇒大前提は企業は営利活動のための組織団体
  ⇒職場はそのためのチーム
  ⇒上司(先輩)の役割
   部下(後輩)の役割

3)本日、自分は何を得るのか(自分自身の目的)
  頭で分かっていることを、実際に行動に移せないこと
 ・出来ていること
   ⇒ どうして出来るのか
 ・出来ていないこと
   ⇒ どうして出来ないのか

4)ハラスメント対策について
  ①相手本位の「おもてなし」弱い人の目線になる
  ②ハラスメント理解度チェック
  ③ハラスメント事例検証
   相手本位になる(気づきトレーニング)
   上司から部下の心が離れる時
   言うは易く行うは難し

5)尊敬される人として
  「一流人」チェック
  「おもてなし力」を高める
 
 ◎特許庁登録「おもてなしエキスパート」認定証の発行
 ※一般社団法人日本おもてなし推進協議会から発行します